小規模多機能型居宅介護って



似ているようで違う
小規模多機能型居宅介護サービス
小規模多機能型居宅介護の 今までのサービスは
「通い」は デイサービス(通所介護)
  • 一人ひとりに合わせて時間も曜日もオーダーメイド
  • 必要な時間に利用できる
  • 緊急時にも臨機応変に対応
  • 施設の利用時間に合わせて
  • 決まったプログラムに合わせて
  • みんな同じ一日の過ごし方
  • 流れが一つのパッケージになっている
「宿泊」は ショートステイ(短期入所生活介護)
  • 必要な時に利用できる
  • 使い慣れた場所で宿泊できる
  • 顔なじみの職員や利用者と共に泊まれる
  • 突然の泊りに対応
  • 事前の予約が必要
  • 利用したい日が空いていないと他の施設の予約と日程変更が必要になる
  • 本人や家族の状況変化に対応しにくい
「訪問」は ホームヘルパー(訪問介護)
  • 回数も時間も内容も一人ひとり違う
  • 必要な時に必要なだけサービスが受けられる
  • 緊急時にも柔軟に対応
  • 30分未満やい1時間など、サービスの枠に合わせた利用時間
  • 決まったサービスの枠に合わせた内容
  • ケアマネージャーの決めた通り

イラストはクリックで拡大表示